1月13日 意見交換会を開催しました

2018年1月13日(土)稲毛区長沼原町のまちスポ稲毛にて意見交換会を開催しました。市民ネットワークの3人の市議が、昨年11~12月に開かれた千葉市議会の様子をお知らせし、市民の皆様のご意見を聞く会でした。市内から28名の参加がありました。

はじめに、昨年放送されたドラマ「民衆の敵」(千葉市議会の議場でロケがおこなわれました)にまつわるクイズが出題され、おおいに盛り上がりました。

その後、3人の市議からの議会報告、質疑応答と続きました。

渡辺忍からは、一般質問で取り上げた「あんしんケアセンター」について、妊娠時から出産・育児までの切れ目ない支援について、教育現場でのLGBTの子どもへの対応について、が報告されました。

会場からは、あんしんケアセンターの受け持ち区域が変わり、センターから遠くなってしまった、という方の声などが寄せられました。

学生と子どもたちが描いた壁の前で撮影

一般質問の内容について報告

ショッピングセンター・フレスポ稲毛の中にあるまちスポ稲毛

 

 

 

 

 

 

 

明るく広々とした会場、まちスポ稲毛は、周辺住民などがサークル活動で利用できるスポットで、親子連れやママ向けの講座なども多く開催されています。民間の施設ではありますが、このような場所があることで地域のコミュニティづくりに大きく貢献してくれていると感じました。